昭和61年より岡山市内にて事業を始め、 多くのお客様に支えられ、今日にいたります。

住宅・店舗などの新築をはじめ、造改築、リフォームなど、たくさんのご相談、 話し合いの元、

快適な住まいづくりのお手伝いをさせていただいております。

 

わたしたちは、「建てた後の生活」「リフォームした後の生活」を第一に考えています。

デザインや間取りなどはもちろん重要なポイントですが、完成したら終わりではなく、

そこに住む人が「快適に暮らせるかどうか」を常に頭に置き、 家づくりを行っています。

 

総合建設業で培った幅広い経験を持つ社長と  建築士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター、カラーコーディネーターなど幅広い知識を持つ アシスタントを中心としてスタッフで、

さまざまなお客様のご要望に応えていきたいと思っています。

どうぞ、どのようなことでもお気軽にご相談ください。


pick up 施工例


I’sの建築現場より [ブログ]

頻繁には更新できていませんが、

現場での進捗状況や建築雑学のようなことなどをブログにしています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

総社市 手すり取付工事

既存のオープン階段に、スチール手すりを取り付けました。

手で握る笠木の部分は木(集成材)で作っています。

写真2枚目がその笠木部分を塗装したところです。

 

壁がある側には、壁に手すりを止めて付けることができますが、

壁がない場合には、こうして手すりを取付けることができます。

オープンな空間をそのままに生かせます。


岡山市内 トイレ改修工事

最近は多く人の集まる場所のトイレに行くと、和式は使う人が少ないですね。

多くの人が並んで待っていても、和式の方に行く人はあまりいなくて

女子トイレで「私、和式を使います」と言えば、スイスイ前に進めたりします。

それだけ使いにくいってことでしょうか、特にお年寄りには。

 

某販売店さんの岡山市内 6店舗のトイレを

和式トイレから洋式トイレに改修しました。

段になっていたコンクリート部分を斫り、床をフラットにしました。

こちらのトイレ設備は、新型コロナ騒動でトイレの受注が停止になる直前に

注文できたので、とても運がよかったです。

 

そして今現在は、しばらく受注停止になっていた住宅設備などが

徐々に注文できるようになってきました。

納期は今のところ8週間程度と、まだまだ元に戻るには時間がかかりそうですが、

住宅設備の販売ということに関しては、納期が出る状態になりつつあり少しほっとしています。

感染のリスクは変わっていないので、そこは気を抜かず、

引き続き注意を払っていきます。


倉敷市 浴室・洗面所 改修工事

在来工法の浴室が寒いということで、浴室をユニットバスへ変更。

それと同時に洗面所もリフォームしました。

必要な場所に造付けの棚を付け、使いやすくということと

洗面所の寒さ対策を行いました。

 

浴室暖房乾燥機を取り付けるとともに、洗面所の寒さに一番影響していると思われるドアを複層ガラスのドアに取替えました。

ドア部分の施工写真を撮り忘れ、メーカー(LIXIL)カラログから写真をお借りしました。↑

「採風勝手口ドア」というもので、閉めているときは断熱性に優れ、空気を入れ替えたいときはドアを閉めたまま格子の上下を空けることで空気が通り抜けるという便利なものです。

 

昔ながらのこういうドア↑は、断熱性が悪く、洗面所やキッチンに付いている場合は部屋全体が寒くなってしまいます。

リフォームの際などに、複層ガラスの製品に変えることをおすすめします。

 


住宅設備等の納期について

リフォーム工事、完成間近の現場。

掃除も終わり、畳の搬入をしたところで、あとは最終チェックです。

                    *  *  *  *  *

さて、新型コロナウイルスについて

マスクが手に入りにくくなってきたり、イベントが中止になったりしていますが、

建築業界にも大きな影響を及ぼしています。

 

住宅設備の一部部品などを中国で生産しているらしく、部品の供給遅延が発生し、

トイレ、キッチンなど受注停止や納期が出ないものが段々と増えてきています。

(現在ご注文のお客様分は確保できています)

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。


岡山市南区 屋外アプローチ工事

久しぶりに「こんな工事もやっていますシリーズ」の

屋外アプローチ工事 before→afterです。

ガタガタで歩きにくく、蹴上(一段の高さ)が高い階段を、

段数を増やして一段一段の高さを低くしました。

手すりも付けて、上り下りがしやすくなっています。

一般的に使いやすい屋外階段の蹴上の高さは、150㎜以下ということになっていて、

こちらのafterでは高さ110㎜なので、かなり楽に上がれる勾配にしています。

最後はご近所の猫パトロール・・OKでしょうか?


明けましておめでとうございます

今日は仕事始めです。

昨年の続きのリフォーム工事を再開しました。

 

今年は長いお正月休みで心も体もリフレッシュされましたので

今日からまた気を引き締めてがんばって参ります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


2019年末のご挨拶

本年の工事もここでいったん終了で、続きはまた来年から。

年をまたいでの住宅改修工事です。

 

1月5日(日)までを年末年始休業とし、

1月6日(月)から通常営業とさせていただきます。

 

 

看板猫もすっかりお休みモードです。

来年もよろしくお願いいたします。

 

 


岡山市北区 増築工事

屋外に設置していた倉庫を解体して、

その部分を「屋内から使える収納」に増築する工事が完成しました。

収納スペースとはいえ、キッチンにつながっているので、

外に面する壁は外気の影響を受けにくくするために断熱材を入れています。

 

画像は、工事前→工事中(外)→工事中(内)→工事後です。

工事前と工事後の壁の色が同じなので、遠くから見ると何もしていないようにも見えますが、5.5㎡増築しています。

1Fの屋根部分が広がっているのがわかると思います。


岡山市北区 減築工事

最近はめっきり秋らしくなってきました。

お天気の日が続いて工事には助かっています。

というのも、今、2階をなくす減築工事を行っているからです。

珍しいですよね。

手狭になったから増築工事というのはよくありますが・・。

 

写真は2階部分を解体しているところです。

2階がなくなった場所には下地を造って瓦を葺きます。

 

使わない部屋がたくさんあっても管理が大変なので、

広さやいらないものを手放して

コンパクトに暮らすというのもすてきな暮らし方だと思います。


岡山市北区 外壁塗装工事

8月末に足場を解体し、

長かった塗装工事がやっと終わりました。

この7月、8月と例年に比べかなり雨の日が多かったですね。

作業できない日も多かったです。

雨じゃない日はすごく暑かったし・・

職人さんは大変だったと思います。

 

出来上がりはこのような感じです。

前は1色だったのですが、今回は少しデザインを加えました

本体の色、ベランダの色、アクセント色と3色塗り分けしています。

写真では本体とベランダと同じ色に見えますが、

ベランダの方を若干白くしています。

 

こういう外装の計画をするとき一番、気に掛けることは

周囲と調和がとれているかどうかです。

個性的にして周りから浮いてしまうようでは

景観をそこねてしまいかねません。

 

この辺りは背の高い建物が少ないので、

少し遠くからでもこの赤いラインがいい感じに目立ちます。

建物案内をするときも「赤いラインの建物」といえば

よい目印になりそうです。